はじめに - 竹原町並み保存地区

 みなさんこんにちは。しまひと臨時スタッフのdemiです。今回は竹原をブラブラします。竹原の町並み保存地区は昔のお金持ちが多かったエリア。だから家もしっかり建てられていて、今でも町並みが保存されているんですね。今は観光客ウエルカムのフレンドリーでおしゃれなエリアです。

 竹原は安芸の小京都と呼ばれています。日本各地に小京都と呼ばれるところがありますが、竹原は平安時代に京都下鴨神社の荘園として栄えた場所なんです。江戸時代後期には製塩や酒造業で栄え、町並み保存地区には、当時の屋敷や寺のある町並みがそのまま残されています。近年はあの朝のドラマやアニメの舞台としても全国的に有名ですね。

広域地図 - googlemap

Loading...

散策地図

地図

 竹原町並み保存地区は道の駅たけはらから胡堂まで約600mの小さなエリアです。道幅は狭いところも多いので、車や自転車は駐車場や駐輪場に置いて、歩いて散策しましょう。

道の駅たけはら

 道の駅たけはらは、竹原の地酒や竹細工など特産品が並べられた施設で、お土産を買うのにぴったりです。レストランや観光パンフレットもあるので、町並み観光前に、ここで情報をGETしましょう。

 乗用車だけではく、団体バスの駐車場もあり、バス旅行ではここが起点になります。

住所 竹原市本町一丁目1-1
電話 0846-23-5100
WEB http://michinoekitakehara.com/
営業時間 9:00 - 18:00
定休日 第3水曜日

1Fは産直市場

名物(?)のお好み焼きを発見

2Fはお土産売り場

坐って休めます

地酒もたくさん

2015年5月取材:Top > しまひと特集 > 特集竹原散策 > 1ページ


カーソルをあわせてフラッシュする画像はクリックで拡大表示します。

しまなみ海道の旅行・観光情報サイト「しまひと」は地元の旅行会社により運営されています。

運営会社:株式会社西日本観光 企画制作:インバウンド事業部