たこ焼き天ちゃん

 さあ、道の駅たけはらから本町方面の町並み保存地区に向かいましょう。・・・と、思ったら道の駅の裏手にたこ焼き屋さんを発見。どう見ても一般民家の一部に店舗スペースを作ったたこ焼き屋さんで、オタフクソースの営業ツールであろうノボリが、これでもかというくらい誘引します。これは見過ごすわけにはいきません。いやいや、まだ竹原に着いたばかり、こんなところで時間を食ってはいけないと逡巡する私に決定打、それは「期間限定」の文字。なんと、期間限定で竹の子たこ焼きがあるではないですか!

 お店のおいちゃん曰く「焼けるのに20分くらいかかるよ」・・・はい待ちましょう。人生初の竹の子たこ焼きは魅惑の一品。とろとろのたこ焼きの中に竹原産竹の子がごろっと入っていて、ぷりぷりのタコと至福のマリアージュです。※竹の子たこ焼きは地元産の新竹の子が採れる期間限定です。

住所 竹原市本町一丁目6-4
電話 0846-22-3368
営業時間 10:00 - 17:00
定休日 毎週水・木曜日

たこ焼き天ちゃん

竹の子たこ焼き

町並み保存地区

竹鶴酒造

 では本町通りをブラブラしてみましょう。

 まず目につくのは竹鶴酒造。建物の前では誰かが必ず記念写真を撮っているというくらいの有名スポットです。というのも、平成26年に放送されたNHK連続テレビ小説「マッサン」の主人公モデルになった竹鶴政孝の生家がここなんです。実際にロケ地としても使われ、竹原の名を一気に全国区にしてくれました。この会社は1660年代に小笹屋の屋号で製塩業を創業したのが始まりです。1733年に酒造業を始め、現在でも日本酒を作っていて、道の駅たけはらなどで購入できますよ。※内部の見学はできません。

住所 竹原市本町三丁目10-26

松阪邸

 松阪邸は竹原の町並みの中でも特徴的な家屋で市の重要文化財にも指定されています。

 この家は塩田、醸造、廻船などを経営した実業家の豪邸で、江戸末期に建てられ、明治初期に改造が行われました。波うつような屋根が特長で、大壁造りや菱格子の塗り込め窓など華やかな造りです。

住所 竹原市本町三丁目10-26
電話 0846-22-5474
開館時間 9:00 - 17:00
定休日 月曜日
料金 大人200円 18歳以下・75歳以上無料

松阪邸

竹鶴酒造・松阪邸周辺の街並み


西方寺・普明閣

 本町通りの中ほどにある初代郵便局跡の横の脇道の先に必訪スポット、普明閣があります。白壁の続く脇道の先にある石段を上った小高い場所にある西方寺は、元は田中町にあった禅寺で、1603年に現在の場所に移され、浄土宗に改宗したと言われています。

 境内を奥に進むと観音堂である普明閣があります。これは小早川隆景が1758年に創建したと伝えられています。どこかで見たような建物・・・そうなんです。これは京都の清水寺を模したもので、舞台のようになっています。竹原市内が見渡せる必見のスポットですよ。

住所 竹原市本町三丁目10-44

初代郵便局跡

石段を上がります

石段を上がります

西方寺

普明閣

普明閣

普明閣

普明閣の裏手から竹原を望む

2015年5月取材:Top > しまひと特集 > 特集竹原散策 > 2ページ


カーソルをあわせてフラッシュする画像はクリックで拡大表示します。

しまなみ海道の旅行・観光情報サイト「しまひと」は地元の旅行会社により運営されています。

運営会社:株式会社西日本観光 企画制作:インバウンド事業部