海岸通りカフェ

グルメ 今治

窓外には漁港と橋


お店の外観

 女の子がミニチュアダックスフンドと散歩しているロゴは、オーナーの娘さんがデザインしたもの。お店の前の海岸通りを散歩しているイメージです。お店のすぐ前は漁船がゆらゆらと停泊する大浜漁港、その向こうには大型船が行き交う来島海峡と来島海峡大橋が見渡せます。満潮になると海面がせり上がってきて、海がすぐ近く感じられ、より一層すてきな風景になりますよ。「建物がカフェっぽいのでカフェと名前が付いていますが、私の理想は喫茶店なんです」・・・すらりと長身で、ひげがすてきなオーナーは愛嬌あふれる笑顔で話してくれました。


お店の前の風景

かわいい看板

食事とコーヒーをゆっくり楽しむ


明るい店内

 海岸通りカフェは2014年4月にオープンしました。オーナーは、海が見えるところでコーヒーを出すお店がやってみたくて、この場所を選びました。最初はコーヒーが中心でしたが、建物の雰囲気に合うようにメニューを開発したり、地域の人々や常連さんから「ランチはないの?」「おにぎりとお味噌汁は?」などなどの様々な要望に応えていった結果、モーニングやランチなどの食事メニューも充実していきました。今治はコーヒーよりご飯を食べに来るお客さんが多いのだとか。店内は広いホールに30席ほど。テーブル間の距離もたっぷりあるため、他のお客さんに気兼ねすることなくのんびりできます。


エントランス

店内の様子

人気メニュー


厚焼き玉子のサンドイッチ

 リピーターの多いメニューといえば厚焼き玉子のサンドイッチで、「8人前作っておいて!」と電話注文があったことも。「サンドイッチというよりも、玉子焼きを食べたぞ!感が欲しかった」と語るオーナーが、オーダーの都度丁寧に厚焼き玉子を焼き上げて作るメニューです。具材は2cm近くの厚焼き玉子のみで、1人前で4個の玉子を使っています。ソースはシンプルにケチャップとマヨネーズのみ。粒マスタードのほどよい辛みが風味を添えています。

 鉄板オムライスは、鉄板に盛りつけたケチャップライスを薄焼き卵でふわりと覆い、自家製ソースをかけています。ケチャップだけでは物足りないと、試行錯誤して作った自家製ソースのレシピは秘密だそうですが、クセになる深みがあり、今治人の好みに合わせた、ほのかな甘みが残る味わいです。他にも手間ひまをかけて作った野菜ソースを使ったミラネーゼや鉄板ナポリタンも人気です。


鉄板オムライス

ミラネーゼ


うれしい自家製デザート


カフェオリジナルワッフル

 ワッフルは注文が入ってから焼きます。外はさくさく、中はふんわりの焼きたてが楽しめます。フルーツとアイスクリームが添えられたカフェオリジナルワッフルの他に、チョコレート、小倉などのバリエーションもありますよ。また、自家製のふわふわシフォンケーキは、ドリンクメニューに合わせるのにぴったりです。香り豊かなコーヒーゼリーは濃い目に淹れたコーヒーを使っていて、暑い季節にほっと一息つける一品です。

 海岸通りカフェのお客さんは女性が多めで、ファミリーでも気軽に利用できるお店にしたいと子ども用の椅子も準備されています。テーブル席以外に1人でも利用しやすいカウンタースタイルの席もあり、コーヒーを飲みながらゆっくり読書なんて利用もできますよ。


コーヒーゼリー

店内の様子



施設名 海岸通りカフェ
カテゴリ グルメ
エリア 今治
住所 愛媛県今治市大浜町1丁目丙232-1
電話 0898-35-5900
料金

鉄板オムライス(単品)650円
厚焼き玉子のサンドイッチ 550円
ミラネーゼ(ミニサラダ付) 700円
鉄板ナポリタン(ミニサラダ付) 700円
カフェオリジナルワッフル 500円
プチシフォンケーキ 350円
コーヒーゼリー 400円

その他メニュー多数
※上記価格は取材時のものです。

営業時間 9:00~21:00
水曜、第一・第三火曜休
交通

JR今治駅から約4.5km
車で約10分 自転車で約20分

Loading...
インタビュー
オーナー 髙野広幸さん
オーナー 髙野広幸さん

 コーヒーを飲みながら、くつろげるお店作りをしています。お友達同士はもちろん、お一人様でもゆっくり過ごせます。海沿いの道は景色が良く、サイクリングにもぴったり。ぜひ立ち寄ってコーヒーを飲んでいってください。

Snapshot

店内の様子

店内の様子

厚焼き玉子を焼いています

鉄板オムライス

店内の様子

取材日:2015年4月10日 | Top > どこに行く> 愛媛側陸地部 > 海岸通りカフェ


カーソルをあわせてフラッシュする画像はクリックで拡大表示します。

しまなみ海道の旅行・観光情報サイト「しまひと」は地元の旅行会社により運営されています。

運営会社:株式会社西日本観光 企画制作:インバウンド事業部